あんたは、いまでもここに・・・生きている!

[122] ちことぽぱい 第2話(全4話) 投稿者:べーぐる 投稿日:2001/10/11(Thu) 19:13

店に着き、ポパイに出会った事を話しました。その時、私は興奮していたと
思います。まさに、彼はロックそのものでした。今、まさに生きている事を
まざまざと見せつけられました。
それ以来、ポパイをよく見かけるようになりました。一度、パン屋から出る
彼の後を付けてみようとしましたが、気づかれました。残念。

いろいろポパイ話で盛り上がっていました。店長からポパイの最新情報をよ
く聞きました。彼はすみれ荘という場所に住んでいる、店の前にポパイ専用
の椅子があり、よく彼が座っているらしい、等。
この頃だったと思います。ちこがなんか「ポパイ」とか「ポポポ、、、」と
いう言葉を発作的に言いだし始めたのです。
私が気を良くして、サーチエンジンで調べた、「POPEYEの日本でのア
ニメで最初に言ったセリフが『あんた船乗りかい』らしい」という事実を教
えたら、大変喜んでいました。相変わらずそのセリフを言い続けているのを
みると、「ああ、あの時教えなければ、、、」と後悔しています。
私が検索エンジンでやたら、ポパイの事を調べて報告していたので、ちこか
ら「あんたポパイの養子?II世?」など言われて、からかわれるようになり
ました。よく考えてみたら、あれは嫉妬だったのかも知れません。

ある日、ちこから重要な事実を聞かされました。衝撃的発言でした。
店に寄ってからの帰り、彼の車に乗って最寄りの駅まで送ってもらうのです
が、その時のちこは普段の冗談っぽい感じでなく、真面目でした。その表情
から発した言葉が、
「ポパイってな、実は俺の親父やねん。」

(つづく)






Cポパイとベンチ

チコタンレコードの入り口には、大変年期のはいったオレンジ色のベンチがあります。
ガーデニング用の座り心地と見た目のよいベンチです。
もちろん座ってましたよw ポパイがね。
ポパイ歩きで疲れた体には程よい休息の場だったのでしょう。
その日もそうでした・・・(回想・・・)

まもなくオリンピックが始まろうかという暑い夏の日でした。
気配を感じさせずにいつものように座っているポパイ・・・

ポ:「ぁぁ・・」
私:「ん?」
・・・・。
ポ:「あ・・あぁ」
・・・・。
・・・。
・・。
私:「ん?」
ポ:「暑いなぁ・・今日は・・」
・・。
私:何か答えようとする・・・
ポ:「38℃あるらしい」
私:感嘆詞でも返そうとしたです・・が、間髪いれず
ポ:「って、聴いてないかw」>笑顔でw

私:Σ( ̄□ ̄;|||一人ボケ突っ込み!

以上、彼との会話の一部始終です。
後にも先にも、彼との会話の機会はもう訪れませんでした。

しかし、この出来事はここで終わりません。
知ってのとおり、このしばらくあとに彼は他界いたしままする。

そして、明けて翌日・・・

ベンチがない!

ほんとにないんです。びっくりしました。
「盗られたんじゃないか?」とかも言われました。
しかしですよ、どこのだれが、なんのために?
しかも、このタイミングで・・・・



・・・・時は過ぎて・・・一年後。
前にも書いたかもしれませんが、ちこは、べぐるに連れられて
ポパいり男児ポパイに入るポパイ参り)にいくのでした。
我々がついたのは夜だったかな・・・

Σ( ̄□ ̄;|||



・・・え!あるじゃん!(まじでびびった)
そうなんです。目の前にあるのは、あの
なつかしのオレンジのベンチ!


帰ってきたんです! 
本当に帰ってきたんです!
お約束どおり(?)そこに在るではないですか!
わたしたちは今も、ハッキリと覚えています。 まるでベンチが  「ただいまヽ(゜▽、゜)ノ」  と挨拶してるように感じたことを・・・・

嗚呼・・ポパイは一年経った今も、あの場所に健在なのですねぇ(゚ーÅ)  


このお話しは真実です。
なぜベンチが帰ってきたのか、たしかなことは分かっていませんが、
誰かが盗っていって、いらなくなって捨てたと、それを見つけた近所の人がわざわざもってきてくれた、しかも、その日がたまたま命日だった説
が有力です。


でも、わたしたちは信じています。

愛は奇跡をよぶ。と・・・・




次回、ポパイとオリンピック(by ちこ)